毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。

昨夜は「ヘイトクライムを考える」をテーマにNHKクローズアップ現代の放送を視聴し参加者で意見交換を行いました。
http://youtu.be/DuxAtyslpzA

image

image
異質なものを絶対悪と捉え徹底的に排除する。ヒトラーのユダヤ人絶滅政策に多くのドイツ国民が熱狂しましたが、今の日本の世相は当時のドイツ、また、関東大震災の時に朝鮮人を虐殺した時と良く似ています。
また、ヘイトスピーチを規制することについて、為政者にかえって正当な言論すら規制する武器を与えてしまうことの懸念(今の政治家がそれほど信頼されていないということ)、表現の自由を規制する際の「公共の自由」による必要最小限の規制といえるかの合憲性判定基準など話題は尽きませんでした。

来週(3/31)は自治体問題研究所の宮下和裕さんを講師にお招きし「地方創生のカラクリ〜あるべき地方自治とは」 について考えます。
お楽しみに。
日時 3月31日(火)19:00-
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)

【これからのterra cafe kenpouの予定】

3月31日(火)19時「地方創生のカラクリ〜あるべき地方自治とは」 宮下和裕(自治体問題研究所)

4月7日(火)19時 「留学生から見た日本」 留学生

4月14日(火)19時 「破壊される医療と介護」岡崎誠(福岡県歯科保険医協会)

4月21日(火)19時 憲法講座6「経済的自由権、人身の自由、国務請求権と参政権」三好有理(弁護士)

火曜日夜の学習会の会場は光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://ohashilo.jp/lawyer/goto/active/terra-cafe-kenpou/
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします
http://ohashilo.jp/blog/
参加費 無料