市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」

来週(1/10)は「バークレー 市民がつくる町」を上映します。今回は参加費として500円が必要になります。
お楽しみに。

米西海岸、バークレー市。9・11事件後、全米世論の9割以上がアフガン空爆を支持する中で、唯一、反対決議をあげた町である。なぜ、決議が可能だったのか。その答えが映画になった。民主主義のルールがあたりまえのように根づいていた。住民参加の町づくり。多様な市民が主人公である町の息吹が伝わってくる。

日時 1月10日(火)19:00
場所 光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)
テーマ 「バークレー市民がつくる町」上映会
参加費500円・学生無料
https://www.facebook.com/events/1158503724257129/

【反対決議の瞬間】
空爆開始から9日後の10月16日、バークレー市議会の議場は多くの市民で埋まった。
映画は、決議当日の緊迫した市議会の様子を見せてくれる。議員は市民と向かいあい、意見を述べ態度を表明する。
「ただちにアフガン空爆を停止し、暴力の連鎖を断ち切ることを求める(決議案第2項)。採決をとります」
議長が宣言した。採決は、8つの選挙区から選出された議員と議長役の市長を含め9人が行う。議員の名前が一人ずつ呼ばれる。
「アームストロング」「アブステイン(棄権)」「ブレランド」「イエス(賛成)」…賛成5、棄権4。採択。
この決議案に関して全米から抗議の電話・メールが何千と送られてきたという。だが、バークレー市民は決議を歓迎した。提案者のドナ・スプリング議員は、決議を思い至った理由について「町中で、数千人の市民が空爆反対のデモを行った」と語っている。
議会には市民参加を保障する工夫がなされている。開会は毎週火曜日午後7時。議場を訪れた市民のうちから抽選で10人が一人3分間の発言ができるパブリック・コメント。決議の日も、発言に立った市民は議論を交わした。反対3人、賛成7人。採択への大きな力となった。
パブリック・コメントでは国政に関することから身近な問題まで、何でもテーマにできる。人種差別の問題、低所得者への住宅供給の要求。小学生も発言する。「自転車通学がしたいから、駐輪場の増設をしてください」。「議会で取り上げましょう」と議員が応える。
議会の下に42の委員会が作られている。平和と正義委員会や警察監視委員会、住宅・青年などテーマは幅広い。この委員会にもパブリック・コメントが保障されている。委員会活動は多くの市民ボランティアが支えている。
【フリー・スピーチの力】
自由に自分の意見を表明する―このあたりまえの権利も歴史的な闘いを経て得られたものだった。
1960年代、黒人差別と闘う公民権運動が全米に広がった。バークレーでは、カリファルニア大学バークレー校の学生が政治活動を理由に逮捕された事件をきっかけに一気に燃え上がった。六千人の学生による32時間の抗議行動。パトカーの上にマイクを立て、一人3分のスピーチが続いた。言論の自由を求めるフリー・スピーチ運動が巻き起こった。当時の貴重な映像は、会場となった大学内スプロウル広場の熱気を伝える。
40年後、その場所を取材したカメラは、小学生が先生からフリースピーチ運動の歴史を学んでいるところに出くわす。フリー・スピーチ運動の伝統が受け継がれていく。
【市政貫く住民参加】
正しい情報・発言の機会を保障する上でメディアの役割も見逃せない。バークレーには、自主運営のラジオ局KPFA(通称パシフィカ)がある。第二次世界大戦の時、平和主義者が設立した。わずか30人程度のスタッフしかいないが、その倍以上の市民ボランティアが運営を支えている。全米にネットを持ち、唯一何でも言えるラジオ局として支持を得ている。
カメラは、街頭で自らの主張を掲げるいくつもの市民の行動を捉える。パレスチナ問題を訴える人。イラク爆撃の写真を掲げる人。車椅子や高齢者を交えたデモ。
多様な人種・多彩な文化が共存する米西海岸サンフランシスコ・ベイエリア。バークレーも例外ではない。性差・年齢など何のこだわりもなく、自由に意見表明できる伝統とそれを継承してきた市民の努力。市政のすべてに住民が参加できるシステム。これがバークレー決議を生み出した力だと実感できる。
http://mabui.g.dgdg.jp/photo_berkley.html

terra cafe kenpouの今後の予定をおしらせします。
特に記載がない限り火曜日19時〜光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://ohashilo.jp/lawyer/goto/active/terra-cafe-kenpou/
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内します。
http://ohashilo.jp/blog/

1月10日「バークレー市民がつくる町」上映会(参加費500円・学生無料)
https://www.facebook.com/events/1158503724257129/
1月17日 お休み
1月24日「若者が考えるわたしたちの未来、これからの日本-現状編」(浅香勇貴さん・日曜コラムニスト)
1月26日(木)18:30 ふくふくプラザ視聴覚室「大地を受け継ぐ」上映会(500円、学生300円、高校生以下無料)
https://www.facebook.com/events/354394198249660/
1月31日 「中村哲 百の診療所より一本の用水路を」(藤田千代子さん・ペシャワール会)
https://www.facebook.com/events/1803058783301337/
2月7日 調整中
2月14日 「韓国の市民運動」(講師李恩周さん・ソウル地下鉄労働組合女性部長)」
2月21日 調整中
2月28日「今、医療・介護で何が起こっているのか」(岡崎誠さん・福岡県歯科保険医協会事務局長)
3月18日(土)14:30 ふくふくプラザ視聴覚室「食卓の肖像」上映会(参加費1000円・高校生-20歳代500円、中学生以下無料)
3月7日 調整中
3月14日 調整中
3月18日(土)14:30 ふくふくプラザ視聴覚室「食卓の肖像」上映会(参加費1000円・高校生-20歳代500円、中学生以下無料)
3月18日(土)18:30 ふくふくプラザ視聴覚室「食卓の肖像」上映会(参加費1000円・高校生-20歳代500円、中学生以下無料)
https://www.facebook.com/events/1681694828772291/