市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」
明日(5/22)は、阪神教育闘争について学習します。いつもと会場が異なりますのでご注意ください。
今年は「4.24阪神教育闘争」から70周年を迎える年で昨今、全国で繰り広げられるヘイトスピーチや高校無償化からの排除などの問題にも通じる「阪神教育闘争」の歴史と教訓に学び、子どもたちの笑顔を未来へとつなぐための学習会も企画しました。
阪神教育闘争とは、GHQの指令を受けた日本政府が「朝鮮人学校閉鎖令」を発令し、日本全国の朝鮮人学校を閉鎖しようとした事に対して、1948年(昭和23年)4月、大阪府と兵庫県で発生した在日コリアンによる民族教育闘争です。日本国憲法下で唯一の非常事態宣言が布告されました。
なお、同会場において福岡地区朝鮮学校を支援する会総会も開催されます。
ぜひご参加ください。
 
テーマ「4.24阪神教育闘争」から70年〜子どもたちの笑顔を未来へつなごう!
主催 福岡地区朝鮮学校を支援する会
会場 福岡県教育会館
         福岡市東区馬出4-12(地下鉄箱崎宮前駅そば)
日時 5月22日(火)18:30-20:30

【今後の予定】
terra cafe kenpouの今後の予定をおしらせします。
http://ohashilo.jp/lawyer/goto/active/terra-cafe-kenpou/
特に記載がない限り火曜日19時〜光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内します。
http://ohashilo.jp/blog/
5月22日 18:30 福岡県教育会館「『4.24阪神教育闘争』から70年〜子どもたちの笑顔を未来へつなごう!」(福岡地区朝鮮学校を支援する会)
5月29日「詩人が解明-言葉の奥の危ない思想-憲法9条改正,これでいいのか」(谷内修三さん・詩人)
6月5日 調整中
6月12日 インドネシア(弥栄睦子さん)
6月19日 18:30 アミカスホール「安倍改憲の本質(後藤富和弁護士)」(南区9条の会)
6月26日 調整中