市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」

今夜は、チベットから亡命し、故郷に学校をつくろうと活動しているゲレックさんを講師にチベットのことを学びます。
チベットで生まれたゲレックさんは僧侶として修行しながらインドへの亡命を試みますが失敗。12歳の時に極寒のヒマラヤを越え死ぬような思いで3度目にして亡命成功。この亡命行には7歳と5歳の子どもも一緒でした。
インドで20歳まで僧侶として修行をし、ネパールに行き、もっと人の役に立ちたいとの思いで21歳で日本に来ました。
教育を受けることができないのはなぜかと考え、チベットに学校を作るプロジェクトを立ち上げました。チベットには教育の空白地帯がたくさんあり、教育を受ける機会すらない子どもたちがたくさんいます。しかし、中国の中で学校を作ることは非常に難しく、様々な課題が立ちはだかっています。
ゲレックさんが活動をしていて気になるのはチベットにいる親やきょうだい。その不安感の中でもチベットの子ども達に教育をという情熱は失いません。
遊牧民の定住化の結果、すべてを失ってしまう悲劇があとをたちません。その背景にも教育を受けることができなかったことがあります。
7月にはゲレックさんの故郷(チベットのムラ)を訪ねます。
興味ある方はご一緒しませんか。
http://ncoamdo.com

日時 2月2日(火)19:00
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
テーマ 障害者と戦争
講師 浦照明氏(結〜ふくおか顧問)

terra cafe kenpouの今後の予定をおしらせします。
特に記載がない限り火曜日19時〜光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://ohashilo.jp/lawyer/goto/active/terra-cafe-kenpou/
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内します。
http://ohashilo.jp/blog/

2月2日 「障害者と戦争」浦照明氏(結〜ふくおか顧問)
2月6日(土) 「原発なくそう!原告1万人記念フェスティバル」吉原毅氏(城南信用金庫前理事長)、中川敬氏(ソウル・フラワー・ユニオン)
2月9日 「中国脅威論を考える」 後藤富和氏(弁護士)
2月14日(日) 「アベ政治を許さない GOOD BYE ABE 辺野古新基地建設NO! 安保法制NO! 原発再稼働NO!」 伊波洋一氏(前宜野湾市長)
2月16日 「兵戈無用-若手僧侶が語る平和」金見倫吾(筑紫女学園大学非常勤講師、浄土真宗本願寺派僧侶)、中川一晃(浄土真宗本願寺派僧侶)
2月23日 調整中
3月1日 休み