市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」

今夜は、安倍総理が実現に意欲を見せる憲法改正をテーマに学習しました。
自民党は憲法改正草案を策定し発表をしています。
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
改正草案の特徴
・立憲主義を骨抜きにする
立憲主義=憲法によって権力者を縛り、権力者の横暴から個人の尊厳を守る。
改正草案では、権力者を縛るのではなく、国民を縛るものとなっている。公益や公の秩序を根拠に人権を規制できるようにしている。
・人権制限の容易化
新しい人権を盛り込みながら、その規制を明文上も可能にしている。むしろ新しい人権は現行憲法で保障されている。
・戦争が可能となる
「戦争の放棄」→「安全保障」。9条2項削除。「国防軍」明記。
・復古主義
天皇を元首にする。天皇を頂点としたピラミッド構造。国家帰属意識の強化。
緊急事態条項を突破口として憲法改正の端緒にしようとしている。
マスコミを活用した世論誘導。
【私たちがやるべきこと】
改憲問題を選挙の争点にすること。立憲主義が破壊されることを現実感を持って分かりやすく伝える。
戦争に進むことの危険性を伝える。
緊急事態条項の危険性を伝える。そもそも必要性があるのか。
株価=支持率の誤解を解く。トリクルダウン理論(金持ちが儲ければ貧乏人も潤うという理論)は失敗した経済学。原発や武器を売って人の不幸を金儲けに使うアベノミクス。

来週(1/19)は、福岡の平和運動を市民の立場で牽引するイラストレーターいのうえしんぢ氏による福岡サウンドデモ裁判の報告です。
以下、いのうえしんぢ氏によるコメント

2015年は戦争法が通ってしまって大変な年でしたが…
それと同時に今迄にない反対の声を全国各地から聞くことも出来ましたね。
個人的には何と言っても「福岡サウンドデモ裁判」(脱原発デモを妨害されて福岡県警を訴えた)が高裁で勝訴確定した事が一番の成果でした。
現状はなかなか厳しいですが、この国家権力に「勝った」という事例をみなさんと共有して、新しい何かを紡ぎ出せていけたらと願っています。
その「福岡サウンドデモ裁判」を紹介させてもらうイベントを紹介します。
裁判だけでなく、これまでの市民運動の事例もみなさんと共有しながら、次の一歩を考える時間に出来たらと思います。

日時 1月19日(火)19:00
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
テーマ 福岡サウンドデモ裁判報告
講師 いのうえしんぢ氏(イラストレーター)

terra cafe kenpouの今後の予定をおしらせします。
特に記載がない限り火曜日19時〜光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://ohashilo.jp/lawyer/goto/active/terra-cafe-kenpou/
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内します。
http://ohashilo.jp/blog/

1月19日 「福岡サウンドデモ裁判報告」いのうえしんぢ氏(イラストレーター)
1月26日 「チベットの遊牧民について」Ngawang Gelek氏(ゴロク・チベット族自治州出身)
2月2日 「障害者と戦争」浦照明氏(結〜ふくおか顧問)
2月6日(土) 「原発なくそう!原告1万人記念フェスティバル」吉原毅氏(城南信用金庫前理事長)、中川敬氏(ソウル・フラワー・ユニオン)
2月9日 「中国脅威論を考える」 後藤富和氏(弁護士)
2月14日(日) 「アベ政治を許さない GOOD BYE ABE 辺野古新基地建設NO! 安保法制NO! 原発再稼働NO!」 伊波洋一氏(前宜野湾市長)
2月16日 調整中
2月23日 調整中