市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」

今夜(11/8)は、安倍政権が強行するヘリパッド建設の現場「沖縄・高江」の現状について、映画「高江-森が泣いている」を視聴し、高江の森と人々の暮らしを守る活動を続けている深水登志子さんからお話を伺いました。

20歳の女性が強姦の末に殺されたのは今年の4月です。
そして今、公務員がやんばるの森を壊す。市民の心と体を踏みにじる。自分がやっていることが何に繋がるのか自分の頭で考えることもせず「マジメに」言われた仕事をこなす。公務員がやんばるの森を壊すために住民を殴る。徹底した非暴力に住民を殴る。その公務員は、警視庁や大阪府警、福岡県警の警察官。福岡県民の安全を守るのが仕事の福岡県警の警察官が沖縄のやんばるまで行って市民を殴る。他所から来た警察官から「土人」呼ばわりされる。他所から来た警察官に土足で土地を踏みにじられた上、なんで「土人」とまで蔑まれきゃならないのか。
チベットでの中国政府による弾圧が注目されていますが、それは遠い所で起こっていることじゃない。それと同じ、むしろそれよりも酷いことを日本政府は、日本のマジメな公務員は沖縄でやっている。こんな大弾圧が日本国内で行われているのに、本土の市民はそれを知らない、それを知ろうともしない。
そんなことあるかと思う方、日本の報道が公正になされていると信じていますか。
かつてこの国は大本営発表として国民に堂々と嘘を吐いていましたが、今の日本は。報道の自由度ランキング72位。2010年は11位だったのが、安倍総理になってから毎年順位を落とし続けています。真実の報道がされていると信じますか。少なくとも世界は日本のことをそうは見ていません。
http://yuntakutakae.blogspot.jp/2016/07/blog-post.html

来週(11/15)のterra cafe kenpouは、原中誠志県議から朝鮮人強制労働の実態についてお話を伺います。
戦中、筑豊や大牟田、福岡市周辺の炭鉱では多くの朝鮮人や中国人が過酷な労働を強いられました。
大牟田市は世界遺産登録に際し負の歴史を明らかにしました。田川市でも石炭資料館の中に展示スペースを作るなど負の歴史を風化させまいとしています。加害企業である三菱マテリアルは今年、中国人被害者に謝罪するとともに賠償金の支払いと慰霊碑の建立を約束しました。
ただ、わが国の歴史について、事実を否定しようという動きも後を絶ちません。都合の悪いことはなかったことにしたいというのは人の心情ですが、被害者や遺族がいる中でそのような態度を取り続けることはわが国の国際的な信用すら損ないかねない行為だと思います。
そこで、朝鮮人強制労働の実態について調査を続けている福岡県議会の原中誠志議員(民進党)から朝鮮人労務者にかかる各種資料の解説と強制連行にかかわる真相究明についてお話を伺います。
https://www.facebook.com/events/890896711045105/

日時 11月15日(火)19:00
場所 光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)
テーマ 朝鮮人労務者にかかる各種資料の解説と強制連行にかかる真相究明について
講師 原中誠志さん(福岡県議会議員)

terra cafe kenpouの今後の予定をおしらせします。
特に記載がない限り火曜日19時〜光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。

憲法勉強会 terra cafe kenpou


なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内します。
http://ohashilo.jp/blog/

11月15日 朝鮮人労務者にかかる各種資料の解説と強制連行にかかる真相究明について(原中誠志さん・福岡県議)
11月22日 吉野ヶ里メガソーラー問題(太田記代子さん・吉野ヶ里遺跡全面保存会の副代表、池永修さん・弁護士)
11月25日(金)18:30 ふくふくプラザ視聴覚室 イスラエルから来たダニーさんに聞く戦争のある国と戦争のない国~武器を持てば平和になるの?(ダニー・ネフセタイさん)
11月29日 総選挙に向けて〜6区からの提言(踊真一郎さん・牧師・みんなで選挙ふくおか ちっご世話人)
12月6日 障害者の65歳問題と重度訪問介護(浦照明さん・結〜ふくおか代表、星野圭さん・弁護士、國府朋江さん・弁護士)
12月13日 北東アジア植民地史(河谷靖さん・日中友好協会福岡支部)
12月20日 忘年会
12月27日 お休み
1月3日 お休み
1月10日「バークレー市民がつくる町」上映会