市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」
今夜は特別企画「山内康一さんが語る未来」を開催しました。
講師には当選ホヤホヤの衆議院議員山内康一さん。

筑紫野市出身。筑紫丘高校在学中から国際協力に興味があり、国際基督教大学へ。在学中、フィリピンに留学。卒業後、JICAでフィリピン担当。その後、国際NGOピースウインズジャパン。
もう一度学び直そうとロンドン大学大学院へ。ルワンダ、東チモールの教育システムをテーマに修士論文。
海外ではNPO出身者が政治家になるケースが多い。スラムの支援をしていた方が政治家になって都市計画を担当するなど。
日本のように世襲や秘書から政治家になるのは世界的にはレア。
河野太郎さんのメルマガを見て自民党の公募に応じた。
32歳で当選。自民党の中では、河野洋平さんや河野太郎さんに世話になった。
ただ、自民党に入ってみて「あっ間違った」と。居心地の悪さを感じた。ただ、与党として社会を動かすという経験はした。
渡辺喜美さんらとみんなの党を作った。ただ、目指す方向が違うと感じ、最後は分裂。安倍晋三、橋下徹が大嫌いなので、解党し、民主党に入った。
都民ファーストを見ていて悪いポピュリズムだと感じていたら、突然、民進党が希望の党へ。前原氏の徹底したリベラル潰し。前原氏は、保守二大政党を狙っているが、それはあり得ない。もし日本で二大政党があるとすれば、自民党に対抗するのは中道リベラルだろう。
かつての自民党はリベラルだった。河野談話。非核三原則だって、武器輸出三原則だって自民党が決めたこと。それに反発したのが安倍晋三などの若手。同じ政党でも時代によって立ち位置が変わる。
立憲民主党へ。
スッキリした。原発廃止も2030年ではなく1日も早く。この政党を良い党にしていきたい。
どんな社会を作りたいのか。
格差の少ない社会。日本だけでなく国際的にも。再分配、社会保障、税。とりわけ子どもの時の格差、せめて人生のスタートラインでは平等にチャンスを与えるべき。福岡では5人に1人の子どもが貧困と言われている。貧困の再生産に楔を打つためには教育。学校給食の滞納が問題ではなく、滞納させるような社会がおかしい。給食は無償で良いではないか、幼稚園保育園、学校、全部無償にしても良い。そのために税金が上がるのは構わない。累進課税で金持ちの負担を高くする。この間、法人税を下げてきた結果、内部留保ばかり増えてきた。法人税をあげると国際競争力が低下するというがそうではない。
税金を高くすると多くの企業が税金が安い海外に行くと言われているが、そうは思えない。海外に出て行くのはごく一部だろう。
税は悪いものではなく、本来、みんなで支え合うシステム。お金持ちに相応の負担をしてもらう。使い道をはっきりさせる。社会保障に税を使うと利益誘導になりにくい。日本は公共事業やりすぎ。公共事業は更新するだけで大変。公共事業を減らして行く、スマートシュリンクの時代。すべての人に必要な介護、医療、教育にこそ公金をつぎ込むべき。
平和憲法9条があるおかげで日本は戦争に巻き込まれずに済んだ。朝鮮戦争、ベトナム戦争。9条を守り軽武装を貫いた吉田外交は賢かった。日本製の武器で人を殺していないというのは素晴らしいこと。それを安倍政権は壊している。
原発、武器、カジノがアベノミクス。
安倍外交は、中国、韓国、北朝鮮の関係を何も進めてこなかった。
北朝鮮については太陽政策で日米朝で国交を回復すること。ロシア、中国、アメリカが保証国となって核武装させない。北朝鮮に対しての日本の大きな武器は戦後賠償。韓国には国家予算の2倍もの戦後賠償をした。北朝鮮にも戦後賠償をすることで仲良くなること。強引に体制を崩すよりも緩やかに自由の風を吹き込むことで民衆から体制を変える。
対話を拒否する安倍外交は戦前の近衛外交。その先は戦争しか道がなくなってくる。
トランプは何をするか分からない。
民主国家の指導者は支持率が落ちると戦争をやりたがる。
東アジアの冷戦構造を変えることができるのに、それをやりたがらないのが安倍政権。
誰も幸せにならない。アメリカの軍需産業以外は。そろそろアメリカの軍需産業は武器の在庫一掃をしたがっている。
東アジアの冷戦構造を解体するのが政治家としての目標。
ドイツの自虐的ともいえる外交は自らの過ちを認める強かで賢いやり方。
南京虐殺が5万人でも仮に500人でも謝らなきゃいけない。南京虐殺がなかったというのは、ナチスのホロコーストがなかったというのと同じレベル。国際社会では通用しない。
もう一つは環境。
炭素税など環境税は高くすべき。地方のお年寄りなどが困る点については別途手当をする。自然エネルギーを普及。化石燃料を燃やすのはやめる。環境税を大増税して消費税を下げる。
原発はゼロにすべき。世界を見ても自然エネルギーのコストが劇的に下がっている。まともに安全対策をしようと思えば、原発は安くならない。核武装をするために原発をやっている。こういう体制を変えていかなきゃ。
廃棄物に対する税金を高くする。大量生産大量消費ではなく、良いものを長く使うような社会に。
温暖化は確実に進んでいる。
マイクロプラスチック。
国同士が争うのではなく、環境悪化と戦うために協力しなきゃいけない。
ロボット、AIが進化すると、今後、製造業では雇用は生まれにくくなる。介護、医療、子育てなど人が人をケアする仕事こそ、待遇を良くしていくべき。経済波及効果も高いし、公共事業に比べてより多くの雇用を生む。公共事業で雇用対策をするというのは効果的ではない。
学校もひとクラスの人数を少なくした方が、もっと一人一人の生徒に手をかけることができる。
地域の中でお金が回るようになる。
自然エネルギーの活用でエネルギーの地産地消。海外から石油を買っていた分が地域で回るようになるし、雇用も生まれる。小規模、地域分散。災害にも強くなる。でも、既得権を持っている人たちが反対する。市場原理を導入すれば原発は成り立たない。
テレビはスポンサーの悪口は言わない。
中国が平和的に発展することは世界の利益になる。尖閣の問題についてもお互い挑発をしないこと。戦争にならない仕組み、小規模な武力衝突が起こっても戦争に発展しないシステムを作っておくこと。竹島もそう。国境問題があってもそれが戦争に発展しないことが必要。
今の日中関係はウインウインの関係。お互いにとって必要な国。何でヤギしかいない無人島のために血を流すようなことをするのか。島のために戦争するなど馬鹿げている。割に合う戦争なんてありえない。

来週(10/31)、再来週(11/7)はお休みです。
11月12日(日)は、福岡朝鮮初級学校文化芸術発表祭を見に行きましょう。
11月14日は、韓国キャンドル革命1周年でterra cafeメンバーがソウルを訪問した報告をします。
お楽しみに!

テーマ 韓国キャンドル革命1周年報告
日時 11月14日(火)19:00-21:00
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加 無料

【今後の予定】
terra cafe kenpouの今後の予定をおしらせします。
特に記載がない限り火曜日19時〜光円寺門徒会館(天神3丁目15-12)です。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://ohashilo.jp/lawyer/goto/active/terra-cafe-kenpou/
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内します。
http://ohashilo.jp/blog/
10月31日 お休み
11月7日 お休み
11月12日(日)10:00 福岡朝鮮初級学校文化芸術発表祭(福岡朝鮮初級学校体育館)
11月14日 韓国キャンドル革命1周年報告
11月18日(土)14:30 コミセン和白ホール「蒼のシンフォニー」上映会(前売り1500円,当日1700円)
11月21日(火)18:10 福岡大学A棟AB01教室「持続可能な社会と国連ー平和、環境、格差、現場からの視点(講師隈元美穂子さん・国連ユニタール広島事務所所長)」(平和を愛する福岡大学人の会)
11月28日 お休み