福岡市南区にある法律事務所、環境問題や平和問題、様々な人権課題、憲法を守る活動についても弁護士が全力をあげて取り組んでいきます。

後藤 富和

 

主な事件・活動

現在

  • 日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会
  • 九州弁護士会連合会環境問題に関する連絡協議会委員長
  • 九州弁護士会連合会人権擁護委員会
  • 福岡県弁護士会公害環境委員会
  • 福岡県弁護士会LGBT委員会
  • 福岡県弁護士会校則PT
  • 福岡県弁護士会動物愛護PT
  • よみがえれ!有明訴訟弁護団事務局次長
  • 中国人強制連行・強制労働事件弁護団
  • 原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団
  • 安保法制違憲訴訟福岡弁護団共同代表
  • 九州朝鮮高級学校無償化差別訴訟弁護団長
  • 結婚の自由をすべての人に九州訴訟弁護団
  • 環境法律家連盟理事
  • 福岡大学法科大学院非常勤講師
  • 福岡大学非常勤講師
  • 立花高等学校人権教育コーディネーター
  • 福岡県環境審議会委員
  • 福岡県環境影響評価専門委員会委員
  • 中央区九条の会事務局長
  • 福岡地区朝鮮学校を支援する会共同代表
  • 市民連合ふくおか呼びかけ人
  • 交通事故被害者サポートセンター相談員

著書等

  • 「環境破壊の防止と新たな取り組み」(法と民主主義456号、2011年)
  • 「時空を越えた書簡集/よみがえれ!宝の海・有明海」(法と民主主義461号、2011年)
  • 「原発事故と私たちの権利~被害の法的救済とエネルギー政策転換のために」(日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会編、2012年)
  • 「馬奈木昭雄弁護士古希記念出版 勝つまでたたかう 馬奈木イズムの形成と発展」(記念出版編集委員会編、2012年)
  • 「原発を廃炉に!PART2-1万人原告の挑戦」(「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団編、2013年)
  • 「風がおしえる未来予想図 脱原発・風船プロジェクト〜私たちの挑戦」(原発なくそう!九州玄海訴訟「風船プロジェクト」実行委員会編、2014年)
  • 「ふくおか子ども白書2021」(特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡編集、2021年)
  • 「市民の意見 NO.185」(市民の意見30の会・東京、2021年)
  • 「トランスジェンダーのリアル」(トランスジェンダーのリアル製作委員会、2021年)
  • 「校則改革 理不尽な生徒指導に苦しむ教師たちの挑戦」(河﨑仁志・斉藤ひでみ・内田良編著、2021年)
  • 日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会50周年記念誌 2030年への環境弁護士の挑戦」(日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会編、2022年)
  • 「学校の中に人権を取り戻す」(福岡の民間教育514号、2022年)
  • 「学校で多用される『連帯責任』」(福岡の民間教育515号、2022年)
  • 「油断すると学校は元に戻ろうとする」(福岡の民間教育516号、2022年)
  • 「眉毛で別室登校」(福岡の民間教育517号、2022年)
  • 「PTAは何をやっているのか」(福岡の民間教育518号、2022年)

略歴

  年    月   内 容
1987年3月東福岡高校卒業
1991年3月福岡大学卒業
2000年11月司法試験合格
2001年4月最高裁判所第55期司法修習生

弁護士としての活動歴

  年   月   活 動
200210月弁護士登録(福岡県弁護士会)よみがえれ!有明訴訟弁護団結成
200211月中国残留孤児の人権救済申立
20033月全国公害弁護団連絡会議事務局次長
中国人強制連行・強制労働事件弁護団加入
20056月日本弁護士連合会公害対策環境保全委員会委員(自然保護部会)
20062月日本弁護士連合会第49回人権擁護大会シンポジウム実行委員「生物多様性の保護を求めて~北の大地から展望する人と野生生物の共生」コーディネーター(~同年10月)
200611月日本弁護士連合会湿地保全・再生プロジェクトチーム事務局長(~2009年6月)
20079月日本弁護士連合会水俣病問題PT委員
20084月西南学院大学非常勤講師
20086月日本中国友好協会福岡支部支部長
200811月第10回ラムサール条約締約国会議(韓国)参加
20091月大橋法律事務所開設日本弁護士連合会第52回人権擁護大会シンポジウム実行委員「ストップ温暖化~HOTな心でCOOLな選択を」(~同年11月)
20095月環境法律家連盟理事
20096月日本弁護士連合会公害対策環境保全委員会副委員長(~2010年5月)
20104月福岡大学法科大学院非常勤講師福岡大学人文学部非常勤講師
201010月第10回生物多様性条約締約国会議(日本・愛知)参加
20116月日本弁護士連合会公害対策環境保全委員会自然保護部会部会長(~2014年5月)
20121月原発なくそう!九州玄海訴訟提訴日本弁護士連合会第55回人権擁護大会シンポジウム実行委員「豊かな海をとり戻すために~沿岸域の保全・再生のための法制度を考える」(~同年10月)
20138月中央区九条の会事務局長
20144月福岡県弁護士会公害環境委員会委員長(~2017年3月)
201410月第12回生物多様性条約締約国会議(韓国・平昌)参加
20154月福岡県知事選挙 立候補
201611月安保法制違憲訴訟提訴(共同代表)
20174月福岡県弁護士会常議員(〜2018年3月)
20174月福岡市立警固中学校父母教師会(PTA)会長(〜2019年3月)
中央区中学校PTA連合会会長(〜2018年3月)
福岡市PTA協議会理事(〜2018年3月)
20184月福岡市PTA協議会教育問題委員会委員(〜2019年3月)
20204月九州弁護士会連合会環境問題に関する連絡協議会委員長
20211月福岡県環境審議会委員
20212月日本中国友好協会福岡支部長退任
20217月日本若者協議会校則見直しガイドライン作成検討会議委員
20224月立花高等学校人権教育コーディネーター
20229月福岡県環境影響評価専門委員会委員

講演・セミナー

  年  月  内 容
2018年1月熊本県子ども劇場
2018年3月ラブ・アンド・ピース粕屋
2018年4月大牟田市母と女性教師の会
2018年6月篠栗中学校萩尾分校
2018年7月不登校ゼロを目指して?
福岡市中央区子ども関連団体四者懇談会
2018年7月福岡東部教育を考える会
2018年9月大牟田市母と女性教師の会
2018年10月子どもの権利から考える、今日から役立つ人権教育
福岡市立箱崎中学校PTA
2018年11月LGBTと制服
赤村立赤小中学校PTA
2018年11月千鳥橋病院
2018年11月総がかり行動おおむた実行委員会
2019年1月LGBTの家族と友人をつなぐ会・福岡
2019年1月星槎国際高等学校スキルアップセミナー
星槎国際高等学校
2019年2月LGBTと人権ー制服問題から考えるー
佐賀県弁護士会
2019年2月子どもの人権
福岡城東教会
2019年3月憲法改正国民投票法
ちくし九条の会
2019年3月成年後見制度について
一般社団法人福岡おやじたい
2019年6月柳川九条の会
2019年7月人権・同和教育
西南学院高等学校
2019年7月人権の視点で子どもを取り巻く環境を考える
草ヶ江校区人権尊重推進協議会
2019年8月LGBTスキルアップセミナー
2019年8月こんなに縛るって変じゃね?教えて、子どもの権利
福岡教育を考える会
2019年9月久留米市山川校区青少年育成協議会
2019年10月子どもの人権
男女共同参画ネットワーク春日
2019年10月それぞれのジェンダー〜制服を変えたPTA
翼の会おおむた
2019年10月中学校の制服から見えるジェンダー意識について考える〜福岡市の取り組みから見えるもの〜
福岡県翼の会大野城
2019年10月子どもの人権から不登校を考える
咲ふぁ福岡
2019年10月当事者とつくる、暴力のない未来
NPO法人アコア
2019年11月こんなに縛るって変じゃね?教えて、子どもの権利
全日本教職員組合九州沖縄ブロック
2019年11月さよなら虐待 Power to the Children
ふくおかac
2019年12月公務員ゼミナール熊本校
2020年1月警固中でのPTA改革の取り組み
子どもNPOセンター福岡
2020年2月穂波東小中学校校内研修
飯塚市立穂波東小中学校
2020年12月公務員ゼミナール熊本校
2021年2月いま、私たちにとって人権とはなにか
浄土真宗本願寺派福岡教区仏教青年連盟
2021年2月福教組久留米支部女性部
2021年2月大学講義「憲法9条」
市民連合ふくおか
2021年3月咲ふぁ福岡
2021年3月理不尽な校則NO!人権の視点で子どもを取り巻く環境を考える
青年法律家協会
2021年3月制服や校則について考えよう
臼杵の制服を考える会
2021年3月子どもの人権セミナー
子どもの樹ネットワーク福岡
2021年5月子ども家庭応援(おせっかい)ワーカー養成講座2021
ワーカーズコープ九州沖縄事業本部
2021年7月人権を学ぶ意味
西南学院高校
2021年7月校則の法的位置づけ 憲法と校則の関係、弁護士会の取り組み
日本若者協議会校則見直しガイドライン検討会議
2021年7月制服・校則問題から、学校が変わり始めている〜警固中学校PTA・福岡県弁護士会の取り組み
自由法曹団
2021年8月憲法9条
2021年9月学校はなぜ、こんなに苦しいのか
熊本市子ども劇場
2021年9月ブラック校則
ハチドリ舎
2021年11月誰もが幸せになれる学校
福岡県弁護士会
2021年11月学校制服がジェンダーバイアスに与える影響~福岡の制服改革の事例から一緒に考えよう~
関西学院大学YWCA
2021年11月国際化と日本 中国人強制連行・強制労働事件
福岡大学
2021年11月国際化と日本 憲法9条
福岡大学
2021年12月コロナ禍の中の差別
浄土真宗本願寺派福岡教区社会福祉推進協議会ビハーラ・福岡
2021年12月暮らしと人権
公務員ゼミナール熊本校
2022年1月子どもとけんり!?~あなた(中学生・元中学生)の気持ちを聞かせてほしい
飯塚市男女共同参画センター
2022年2月子どもの人権と合理的配慮〜子どもを取り巻く環境を考える〜
飯塚市男女共同参画センター
2022年2月制服・校則問題と弁護士の役割〜福岡の実践から
愛知県弁護士会
2022年2月校則ってなんだ?〜校則から子どもの権利を考える〜
NPO法人長崎県子ども劇場連絡会
2022年3月子どもの人権を尊重した学校になっていますか?
福岡県教職員組合久留米支部
2022年4月子どもたちをよろしく
スクール・コミュニティ研究会、子どもたちをよろしく実行委員会
2022年4月学校は本当に変われるのか〜校則・制服改革の
ワーカーズコープ九州沖縄事業本部
2022年5月学校が変わる?!誰もが大事に!ー憲法13条 個人の尊重とは?ー
2022年広島憲法集会実行委員会
2022年7月人権を学ぶ意味
西南学院高校
2022年7月憲法
東福岡高校
2022年7月コロナ禍の今子どもの声を聴く「地域のみんなにできること」~子どもの権利を分かりやすく学ぼう~
一般社団法人子ども電話童神
2022年9月学校の中に人権を取り戻す〜校則問題と私たちの社会
福岡県民間教育研究団体連絡協議会
2022年9月子どもたちの笑顔のために、今私たち大人ができること〜校則や制服から子どものジェンダー問題を考える
宝塚市PTA協議会・阪神地区人権同和研究協議会
2022年11月トンデモ校則のなくし方
自由法曹団
2022年11月結婚の自由をすべての人に〜誰もが生きやすい社会を目指す
福岡県女性議員ネットワーク
2022年11月子どもたちの笑顔のために、今私たち大人ができること
久留米市立良山中学校校区補導連絡協議会
2022年11月毒親アートフェス2022
NPO法人LOCUS・虐待サバイバーをつなぐ会
2022年11月国際化と日本「中国人強制連行強制労働問題」
福岡大学
2022年11月気候危機と脱原発 再生可能エネルギーの可能性を考える
原発なくそう!ちっごの会

メディア掲載履歴

  年  月  内 容 メディア 
20139月自然の生態系を壊す「ブラックバス放流」 法律の規制はどうなっている?弁護士ドットコム
20143月諫早・開門と開門差し止め なぜ矛盾する判決に?自然保護
20169月いま注目されるお寺が催す多彩な「カフェ」を成功させるための秘訣月刊住職
20182月異議あり 異議なし PTAって必要?朝日新聞
20184月詰め襟やセーラー服に「苦痛」も LGBT支援、福岡市で制服を考える会「選べることが必要」西日本新聞
20184月福岡・警固中 性的少数者に配慮、制服を全面的に見直し毎日新聞
20189月個人情報 法改正で重くなるPTAの責任熊本日日新聞
201911月福岡で市立中の制服を変えた弁護士。「制服を着る着ないを選ぶ権利は生徒にある」ハーバービジネス
201912月教皇ミサ参加の韓国人被爆者ら、福岡空港で5時間足止め朝日新聞
201912月「桜」正月過ぎても忘れないしんぶん赤旗
20202月「男女別の制服、必要?」当事者が感じる苦悩 改善運動の弁護士が講演佐賀新聞
20203月福岡市の中学校が「抜き打ち」で家庭訪問 生徒在宅確認で保護者が撤回求め要望書毎日新聞
20203月グッとラック「一斉休校中の『抜き打ち家庭訪問』親がいなくてもいいとは犯罪者のやりたい放題にならないか」TBSテレビ
20207月「だまし討ちで制服着せられ地獄だった」当事者の告白でPTAが制服変更、起きたことはYAHOO! NEWS
20209月性差なくすはずでは…新標準服、男女別販売 長年の習慣?福岡市西日本新聞
202010月〈九州無償化裁判〉「最後の砦」が役割放棄/控訴審、国の差別に加担した不当判決朝鮮新報
202011月ツーブロ禁止、下着は白…『ブラック校則」見直しを日本経済新聞社
202011月下着の色まで指定の校則に理不尽の声福井新聞
202012月ボタンの間から下着の検査「何でここまで?」校則は誰のためにあるのか共同通信
20211月日本政府は批准を、核禁条約発効、福岡でも歓迎の声朝日新聞
20211月理由説明できない中学校則見直しを 福岡市教委に市民団体要望西日本新聞
20212月タダイマ!「Be colorful これからの校則を考える」RKBテレビ
20212月めざましTVフジテレビ
20213月グッとラックTBSテレビ
20213月合理的説明ない校則の見直し 市民団体が教育委員会に要望 福岡NHKテレビ
20213月「男女一緒の体育館で下着の色をチェックされる」理不尽な”ブラック校則”福岡での実態は?TNCテレビ
20213月対立から対話へ 模索始まる校則・制服の見直し教育新聞
20213月「ブラック校則」見直しへGO社会新報
20214月「シャツの胸を開けて下着チェック」”ブラック校則”で不登校になった女子生徒もフジテレビ
20214月ジェンダーレス制服で生まれた「子どもの自由」、福岡の公立中で始まった改革弁護士ドットコム
20214月札幌市立中で他クラス出入り禁止 専門家、不合理と指摘共同通信
20214月「私たちには居場所がない」中国残留邦人2世がコロナ禍で苦境に毎日新聞
2021年4月日本中學「暗黑校規」要學生解襯衫、強脫內衣 律師轟:侵害人權聯合新聞(台湾)
20215月PTA入会「意思確認は? あいまいな線引き 加入率低下に懸念も熊本日日新聞
20215月校則見直し通知3割弱 全国教委アンケート 頭髪や下着の不合理規制、割れる対応岩手日報
大分合同新聞
中国新聞
長崎新聞
山口新聞
2021年5月明日につなげる―無償化裁判がもたらしたもの―朝鮮日報
20216月TREND NET 文部科学省が校則の見直しを要請Tokyo fm
20216月学校運営、校則、政治、子どもの意見が反映されていない日本社会【日米中韓比較調査】YAHOO! NEWS
20217月校則見直し協議会 LGBT団体参加 福岡市京都新聞
20217月校則見直し問題 若者の団体がガイドライン作成へ検討会を発足NHKテレビ
20217月校則見直しの基本原則を作成 西郷孝彦元校長らが議論教育新聞
20217月レイワの放課後「厳しい校則」見直す動きも〜福岡市の中学校RKBテレビ
20218月カリメン「アン・マリ悩まんでよかよぉ」RKBラジオ 
20218月校則見直しの基本原則を作成 西郷孝彦元校長らが議論教育新聞
20218月「毎日通いたくなる学校に」全国で進む校則見直し共同新聞
20219月まちプリ「親たちの不満爆発 これってブラック校則なのでは」RKBテレビ
20219月加速する「生徒も交えた校則見直し」。今後どのような判断軸で見直していくべきか?YAHOO! NEWS
202110月誰もが幸せになれる学校をめざして①「弁護士がPTA会長に」しんぶん赤旗
202110月校則改革のカギ 第三者と生徒AERA
202110月誰もが幸せになれる学校をめざして②「ジェンダーフリー標準服」しんぶん赤旗
202110月誰もが幸せになれる学校をめざして③「理不尽な校則に声をあげる」しんぶん赤旗
202110月まちプリ「なんであるの?!ブラック校則」RKBテレビ
202110月タダイマ!「人権侵害にも⁈ブラック校則の現状」RKBテレビ
202110月誰もが幸せになれる学校をめざして④「学校に憲法を取り戻す」しんぶん赤旗
202111月櫻井浩二インサイト「教育現場におけるジェンダー・LGBTについて」RKBラジオ
202111月めんたいワイド「『ブラック校則』ポニーテールはダメ?」FBSテレビ
202111月理不尽な校則 人権侵害には大人が声上げよう 西日本新聞
202111月The Life~BeyondGender九州・沖縄キャンペーン 特別番組「Change!ジェンダーをこえて」NHKテレビ
202112月現代のことば「生徒の声を校則に」京都新聞
20221月「誰もが過ごしやすい学校」各地で模索
制服の見直し 声上げる生徒
中日新聞
中國新聞
新潟新聞
伊勢新聞
北陸中日新聞
徳島新聞
佐賀新聞
20222月学校制服「着用選ばせて」 保護者ら要望、見直しの動き日本経済新聞
20223月多様性配慮した中学新標準服「男女選択欄」予約で必要? 保護者から疑問西日本新聞
20226月金サイト・ザ・ワールド「同性婚裁判」RKBラジオ
20227月“まゆ毛整えた”女子中学生「3日間の別室登校」…”行き過ぎた指導”の声テレビ朝日
20228月制服の名札で議論、PTA会長だった弁護士が驚いた現場の感覚朝日新聞
20228月規制で管理 変革なるか 「ブラック校則」是正 「人権配慮」浸透が鍵熊本日日新聞
20228月理不尽な校則 見直しを 指導提要12年ぶり改訂 公開促す 校則は人権の問題朝日新聞
20229月下着の色制限、髪型規制「ブラック校則」見直し要望 産経新聞
20229月「変えよう」声上げて PTA改革 取り組んだ弁護士 朝日新聞
202210月眉毛そったら中体連に出られない 「懲罰的」な校則の理由は? 西日本新聞
202211月気になる「眉間の産毛」剃ったら「校則違反!」 ブラック校則は今や“社会問題” 意識欠ける学校もRKBテレビ
202211月行ってきました九州レインボープライド!「性的少数者を尊重する社会」若い世代は“当たり前”RKBラジオ

趣味

  • ドライブ
  • サイクリング
  • 写真撮影
  • ダイビング
  • テニス
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • 家庭では、一男二女の父親。

お気軽にお問い合わせください TEL 092-512-1636 平日 9:00~17:00 ( 昼休み 12:00~13:00 )

PAGETOP
Copyright © 大橋法律事務所 All Rights Reserved.