福岡市南区にある法律事務所、環境問題や平和問題、様々な人権課題、憲法を守る活動についても弁護士が全力をあげて取り組んでいきます。

ブログ

青井未帆教授尋問

安保法制違憲福岡訴訟控訴審の証人尋問でした。 証人は学習院大学の青井未帆教授。 安保法制は、政府解釈を前提にしても一見極めて明白に違憲。 ここで裁判所が憲法判断をしないのであれば防火壁を守るという裁判所の役割に悖る。 切 …

【RKB】ツーブロック禁止などの理不尽な「ブラック校則」から卒業します~福岡市の全中学校

ツーブロック禁止などの理不尽な「ブラック校則」から卒業します~福岡市の全中学校 「本質が見えていないと感じます」 「大事なのはそもそも子供たちにも人権があって自由なんだってところですね」 https://youtu.be …

【今週末・鳥栖市】子どもたちの笑顔のために、今私たち大人ができること〜校則や制服から子どものジェンダー問題を考える〜 

【今週末・鳥栖市】子どもたちの笑顔のために、今私たち大人ができること〜校則や制服から子どものジェンダー問題を考える〜2023年1月28日(土)13:30−サンメッセ鳥栖講師 後藤富和(弁護士・福岡市立警固中学校PTA元会 …

【鳥栖市】子どもたちの笑顔のために、今私たち大人ができること〜校則や制服から子どものジェンダー問題を考える〜 

【鳥栖市】子どもたちの笑顔のために、今私たち大人ができること〜校則や制服から子どものジェンダー問題を考える〜 日時 2023年1月28日(土)13:30−15:30 場所 サンメッセ鳥栖3階大会議室 講師 後藤富和 主催 …

よみがえれ!有明営農者訴訟控訴審 

よみがえれ!有明営農者訴訟控訴審でした。国営諫早湾干拓事業によって諫早湾奥部は潮受堤防で締め切られ有明海の環境は大きき変わりました。その結果、今も有明海では、タイラギなど特産物が獲れず、今期、海苔が甚大な被害を受けていま …

生徒指導提要

校則の制定にあたって、少数派の意見も尊重しつつ、児童生徒個人の能力や自主性を伸ばすものとなるよう配慮することも必要(児童生徒の権利の理解→子どもの権利条約、こども基本法)。 校則を守らせることばかりにこだわることなく、何 …

【福岡県弁護士会】アロマンティックやアセクシュアルから考える親密な関係 

【福岡県弁護士会】アロマンティックやアセクシュアルから考える親密な関係 性的マイノリティに対する社会の理解は広がりつつありますが、アセクシュアル(他人に対して性的魅力をほとんど、もしくはまったく感じない人の総称)について …

安保法制違憲訴訟控訴審意見陳述

本日の安保法制違憲訴訟控訴審(福岡高裁)で本河知明さんが意見を述べました。 全文掲載します。 1 控訴人の本河知明と申します。11年前(2012年)から福岡市議会議員の事務所で秘書を務めております。今日は、8歳と5歳の子 …

今年もよろしくお願いします

大橋法律事務所 弁護士 後藤富和 弁護士 三好有理 弁護士 江口雄一 鹿児島県出水市のラムサール条約登録湿地にて。

【日弁連】「敵基地攻撃能力」ないし「反撃能力」の保有に反対する意見書

【日弁連】「敵基地攻撃能力」ないし「反撃能力」の保有に反対する意見書 相手国の領域を直接攻撃する「敵基地」等への攻撃は、当然に相手国の反撃を招いて武力の応酬に直結するものであり、その結果は多大な国民の犠牲と広範な国土の荒 …

1 2 3 83 »
友だち追加

アーカイブ

no-genpatu234
houterasu
PAGETOP
Copyright © 大橋法律事務所 All Rights Reserved.