福岡市南区にある法律事務所、環境問題や平和問題、様々な人権課題、憲法を守る活動についても弁護士が全力をあげて取り組んでいきます。

ブログ

ふくおか子ども白書2021

僕も執筆を担当した本が出版されました。 「ふくおか子ども白書2021-子どもの声が社会を変える-」特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡編集 僕の担当は「PTAによる学校改革」 ご注文はこちら https://npo …

【不登校講演会】不登校はわたしたちの宝物

【不登校講演会】不登校はわたしたちの宝物 不登校だったからこそ今のわたしたちがある 不登校の経験を持つ3人の若者。 不登校だった当時どのような気持ちでどのように過ごしていたのか。 当時を振り返り、現在に至った様子を話して …

【要申込】理不尽な校則NO!-人権の視点で子どもを取り巻く環境を考える

【要申込】理不尽な校則NO!-人権の視点で子どもを取り巻く環境を考える 3月20日15:30 アクロス福岡7階 ・内田良さん(名古屋大学准教授) ・森恵美さん(公立中学校教師) ・後藤富和さん(弁護士・福岡市立警固中学校 …

バングラデシュ

バングラデシュの裁判官と九大院生が大橋法律事務所に2週間の研修に来ていました。 コロナ禍で家族と離れ文化も気候も違う日本に学びに来ていることに頭が下がります。 通訳で来た九大院生も未来を期待できる若者。 留学生が作ってく …

よみがえれ!有明海

よみがえれ!有明訴訟の福岡高裁での弁論でした。 話し合えば解決の糸口が見つかる。 その話し合いを拒絶するのは、海を破壊し地域を破壊した張本人である農水省。 昨年11月18日の衆議院農林水産委員会において田村貴昭議員(共産 …

たたかい続けるということ

環境法律家連盟「ECOLAWYERS」に書評を書きました。 「馬奈木昭雄聞き書き たたかい続けるということ」阪口由美著 「折れ曲がり、変形した手足。目も見えず音も聞こえず、言葉を話すこともできない女の子。本当に澄んだきれ …

校則要望書提出

本日、福岡市の制服を考える会として、福岡市長・教育長宛に校則に関する要望書を提出いたしました。 2021年(令和3年)1月21日 福岡市長   高島宗一郎 様 福岡市教育長 星子 明夫 様 福岡市の制服を考える会 外別紙 …

1月27日terra cafe kenpou延期

市民と弁護士の憲法学習会「terra cafe kenpou」 緊急事態宣言を受けました、1月27日18:30に福岡県弁護士会館で予定していた「朝鮮の子」学習会は延期といたします。 また、同日17:30に予定していた中央 …

校則シンポジウムのご案内

福岡の弁護士は、理不尽な校則を本気で撲滅したいと考えています。 福岡県弁護士会「これからの校則」2月20日13:30 福岡県弁護士会館西郷孝彦さん(世田谷区立桜丘中学校前校長)、教職員、当事者申込はこちら(無料)http …

よみがえれ!宝の海「有明」 有明訴訟福岡高裁差戻審

よみがえれ!宝の海「有明」 有明訴訟福岡高裁差戻審 農業と漁業の対立ではなく共存に導くことが司法と政治の役割。今こそ農漁共存で有明の地域の再生を。    12月7日(月) 12:30 福岡高裁・傍聴券抽選 12:50 福 …

1 2 3 64 »
PAGETOP
Copyright © 大橋法律事務所 All Rights Reserved.